出産の入院費用

出産のときにかかる入院費用の目安はどれくらいでしょうか?

出産のときにかかる入院費用はどれくらいでしょうか?

妊娠も後期に入れば、いよいよ誕生する赤ちゃんとの出会いが楽しみになってきますが、それと同時に出産時にかかるお金のことが不安になりますね。

 

ここでは、出産時の入院費用はどのくらいかかるのかについて解説してみたいと思います。

 

出産時にかかるお金は30万円〜40万円プラスアルファ?

出産時に発生する入院費用は、およそ30万円から40万円が相場となっているようです。

 

しかし、病院の設備や入院する病室の種類により、さらに金額が高くなることがあるため、10万円ほど余裕をみておく必要があります。

 

また、出産時の時間帯が深夜や早朝、休日などであれば、割増料金となる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

その他、一般的な総合病院よりも、産院の方が高めの料金となっているようです。

 

これらの出産に関わる料金は高額になりますが、健康保険の対象とはなりません。

 

その代わりに「出産育児一時金」という制度があり、こちらを出産費用として割り当てることになります。

 

ただし、帝王切開を行った場合は、その費用は健康保険が適用されます。

 

出産育児一時金とは?

出産にはとても大きな費用が発生するうえに、健康保険も適用されません。

 

しかし健康保険に加入していれば、その穴埋めをしてくれる制度「出産育児一時金」を利用できます。

 

支給額は「出産した子ども一人につき42万円」となっています。

 

双子であれば、二人分で84万円となります。

 

支給を受ける場合、基本的には「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払い制度」により、まずは入院先の病院へ直接支払われます。

 

それにより、出産する家族が支払うのは、実際に発生した入院費用から、支給額「42万円」を差し引いた金額となります。

 

スポンサーリンク

 

もちろん、入院費用が42万円を下回った場合には、その差額が振り込まれることになります。

 

また、帝王切開などの診療を行った場合には、健康保険により3割負担となります。

 

これにも出産育児一時金を割り当てることができます。

 

もちろん、「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払い制度」を利用しないことも可能です。

 

その場合は、退院時に発生した入院費用をすべて支払った後で、本人に支給されることになります。

 

産科医療補償制度への掛け金とは?

実は、出産時にはその分娩費、入院費の他に「産科医療補償制度」への掛け金が発生する場合があります。

 

これは、分娩の際に発症した脳性麻痺の赤ちゃんを保障するためのものであり、出産する病院次第で発生する費用です。

 

2014年12月31日までに出産するお母さん一人につき3万円程度、2015年1月1日以降ならば1万6千円程度が掛け金となります。

 

ただし、こちらの出費については、出産育児一時金がそのぶん増額されているため、実質的には負担が増えているわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加