入院費の支払い

入院費の支払いが困難なときに利用したい高額医療費貸付制度

入院費の支払いが困難なときに利用したい高額医療費貸付制度

私たちは、国民健康保険などの医療制度を利用することで、本来ならば大きな負担となる医療費を3割程度まで低く抑えることができます。

 

しかし入院しての治療ともなれば、3割でもその負担は大きなものとなり、場合によっては支払いが困難になってしまうこともあり得ます。

 

もし入院費を支払えなくなった場合、どうすればよいのでしょうか?

 

一日あたり約16,000円かかる?

病気を治療するにあたっては、薬代や医師の診察料及び技術料など、さまざまな名目の医療費が発生します。

 

しかし健康保険に加入していれば、その費用は3割負担で済ませることができます。

 

スポンサーリンク

 

とはいえ、入院費は一日あたり16,000円程度になるといわれており、2〜3日の短期間であればともかく、長期となればその負担額は大きなものとなってしまいます。

 

上限が決められている「高額療養費制度」とは?

実は健康保険には本人の3割負担だけではなく、さらに医療費を抑えるための制度がもう一つあります。

 

基本的に健康保険に加入していれば、患者本人の負担額は3割となりますが、実は患者の収入に応じて支払いの上限が定められているのです。

 

これを「高額療養費制度」といいますが、この制度を利用することで上限額を超えた分の医療費が返還されます。

 

▲高額医療費制度を効率よく利用する

 

ちなみに、医療費が返還されるのは手続きから3ヶ月後となります。

 

そのため、入院費はいったん自腹で支払わなければなりませんので、お金のやりくりを考えておかなければなりません。

 

高額医療費制度の上限額は以下のように決められています。

 

スポンサーリンク

 

70歳未満、月収53万以上の上位所得者

150,000円+(医療費-500,000円)×1%

 

70歳未満、住民税を支払っている一般の方

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

 

70歳未満、住民税非課税の低所得の方

35,400円

 

自腹で立て替えをしなくて済む場合

実は、入院費の支払いを行う前に、あらかじめ高額療養費制度の申請を行っておき、「高額療養費限度額適用認定証」を発行してもらうことで、病院の窓口にて限度額のみの支払いで済む場合があります。

 

負担額の全額を立て替えて支払うのが困難な方は、事前にこの申請をしておくことをおすすめします。

 

高額医療費貸付制度

もし高額療養費制度の申請が遅れてしまった場合は、差額が返還されるのは3ヶ月以上後となりますので、3割負担分をいったん全額納めなければなりません。

 

そういった場合に、支払いが困難な方が利用できる「高額医療費貸付制度」というものがあります。

 

高額療養費制度を利用した場合に支給される見込み額の8割を上限として、医療費の支払いに割り当てることを前提としたお金を無利子で借りることが出来る制度です。

 

この制度を利用すれば、2週間から3週間という早い時期に一旦借り入れという形でお金を受け取ることができます。

 

実際に支給額が決定するのは3ヶ月後なので、その時点で貸付金が自動的に返済され、もし不足している場合にはそれを加算しての返済が必要です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加