緊急入院

緊急入院となってしまったときに用意すべきもの

緊急入院となってしまったときに用意すべきもの

ちょっと身体に気になるところがあったので、なんとなく病院に行ってみると、医師から「すぐに入院しましょう」などと言われてしまい、あわてた経験のある人もいるかも知れません。

 

これは緊急入院と呼ばれていますが、実際にそうなった時は、どのような準備をすればいいのでしょうか?

 

すぐ必要になるものを揃える

突然に緊急入院することになった場合、あまりに突然すぎて何の準備も出来ていないと思います。

 

緊急入院が決まったその日から病室で寝泊まりすることになるため、いろいろと必要なものを揃える必要があります。

 

スポンサーリンク

 

寝巻き

入院中に着るねまきとしては、上下に分かれていない、前開きの「浴衣」や「ネグリジェ」が適しているようです。

 

すぐに用意できない場合は、病院側で貸し出しを行っている場合もありますので、スタッフに相談しましょう。

 

歯ブラシや洗顔料

就寝前に必要になるものです。病院内の売店で販売されているかもしれませんので、確認してみるといいでしょう。

 

また、長い間洗髪ができない可能性があるので、水を使わなくて髪を洗えるシャンプーもそろえておくと便利です。

 

タオル

洗顔や洗髪の度にタオルを使うことになるので、多めに用意しておきましょう。

 

相部屋での入院の場合は、他の人のものと間違えないように小さく名前をかいておくといいかも知れません。

 

不要なものを家族に渡す

さまざまなトラブルの元となりますので、お金や貴重品は病室に持ち込まないようにしましょう。

 

これらは、なるべく家族に持ち帰ってもらうことが望ましいです。実際に、病院内での盗難事件もしばしば発生するようです。

 

ただし、多少のお金は必要になることがありますので、手元にいくらかは残しておき、鍵のかかる引出などにしまっておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

暇を潰せるものを用意する

緊急入院が決定してすぐは、あれこれと忙しいことになりますが、いったん落ち着いてしまえば、あとは安静にして療養しつづけるだけです。

 

少しでも暇を潰せるように、携帯ゲーム機や音楽プレイヤー、ノートパソコンなどを用意しておくと良いでしょう。

 

意外にうっかりしがちなのが、充電器ですので、これも忘れずに用意しましょう。

 

ただし、病院によっては、これらの機器の持ち込みができない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

 

また、使用できるコンセントの数には限りがありますので、テーブルタップなどがあると便利です。

 

車で来ている場合

緊急入院の場合、もともと入院するつもりじゃないのに来院しているわけです。

 

 

時間制の駐車場に停めている場合は、そのままだと多額の料金かかってしまいますので、可能な限り早めに家族や知人の手を借りて車を引き取ってもらいましょう。

 

どうしてもそれができない場合は、病院側へ相談してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加