入院の保証人

入院の際に保証人が必要な理由とお願いすべき人について

入院の際に保証人が必要な理由とお願いすべき人

何らかの病気が発覚し入院することになった場合、お金の問題以外に一つだけ乗り越えなければならない問題が出てくる場合があります。

 

それは、保証人の問題です。実際に多くの病院では入院時に「保証人」を求められることになります。

 

病院側が保証人を求める理由

入院時の保証人に対する考え方は、病院の経営方針により大きく異なります。

 

病院によっては非常に厳しく、生計を共にする同世帯の方では受け付けられない場合もあるようです。

 

では、なぜ入院時に保証人が必要なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

医療費支払いの保障

病院などの医療機関が抱えている問題のひとつに「医療費の未納」があります。

 

診察や治療をしたにも関わらず、その医療費を回収できないことで、病院の経営を圧迫しているのです。

 

そのため、入院時には医療費の未回収のリスクを減らすために保証人が求められるわけです。

 

本人が話を聞けない時のため

なんらかの理由により、患者本人が意識を失ってしまったりすると、医療行為に関する説明をすることができませんし、意思決定もできません。

 

病院は、これから行われる医療行為に関して保証人にしっかりと説明をして、その効果やリスクに対して同意を得る必要があります。

 

このような方針は「インフォームド・コンセント」と呼ばれ、患者が治療について納得するまで説明しなければなりません。

 

納得がいかなければその治療を拒否することも大切な判断であり、患者本人との意思疎通ができるかどうかは、治療を進める上で大切なことなのです。

 

それが患者の容態によって医療行為の説明が不可能な場合に、その役割を保証人に求められるわけです。

 

患者が死亡した場合の引き取り

もしも患者の容態が急変し、死亡してしまった時のために、身元引受人が必要となります。

 

これは、死に至るような重症な病気でない場合であっても、万が一のために記入を求められます。

 

借金やローンを組む場合の金銭的な保証人と違い、人の生き死ににかかわる部分での保証人となりますので、信頼できる方であることが求められます。

 

スポンサーリンク

 

適している方とは

入院後、自身の容態が急変したり、死亡したりした場合には保証人へ連絡がいきますので、可能な限り近親の方にお願いするべきでしょう。

 

また、病院によっては「身元引受人」と「保証人」それぞれ別の人を選ぶことを求められます。

 

その場合の保証人は、患者とは別世帯であり、十分な支払い能力を持っている人が求められることになります。

 

もしみつからない場合

近年では、医療保険制度が充実しているために、病院で治療するにあたって金銭面よりも、むしろ保証人の面で苦労させられるケースが珍しくありません。

 

そのような場合、まずは病院の相談員にたずねてみましょう。

 

それでも解決できない場合は、法人の保証人サービスを探してみましょう。

 

どうしても保証人を見つけることができなかった場合には、転院することも視野にいれなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加