入院に必要なもの

入院するときに必要なものには何がありますか?

入院するときに必要なものには何がありますか?

入院生活を送るにあたっては、その期間中に必要なものを事前に準備しておかなければなりません。

 

初めて入院する方にとっては、何を用意したらいいのか戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

ここでは、入院するにあたって必要なものについて、具体的に紹介してみたいと思います。

 

用意しておくべき衣類

入院している間は、ほとんどの時間を寝て過ごすことになりますので、ねまき選びは重要です。

 

普段、家で着ているパジャマであればリラックスできるかもしれませんが、病院のベッドでは点滴を打っている時などは腕を満足に動かせないこともあります。

 

スポンサーリンク

 

そのため、浴衣やネグリジェのような、ワンピース型のねまきが重宝されるようです。

 

上下に分かれた服の場合、着たり脱いだりするのが大変です。また前開きのものであれば、腕が動かしにくくても着脱にそれほど苦労しません。

 

入院中は洗濯が満足にできないため、下着類は多めに用意する必要があります。

 

特に女性の方ならば、ブラジャーの選び方も大切です。これも上記の理由と同じで、後ろで止めるものでなく前開きの物の方が良いようです。

 

病室内は、室温の調整が難しいこともあるので、着衣による体温の管理が必要になる場合があります。

 

そのため、軽い羽織ものなどがあると便利です。着ることはもちろん、ひざ掛けとしても使えます。

 

また、足元の冷えを軽減するため、靴下も用意しましょう。

 

病院内を移動するためにはスリッパが便利です。また、外泊許可が出た時のために、外に着ていける普段着も一着用意しておくといいでしょう。

 

▲3泊4日入院の持ち物

 

そろえておきたい小物類

 

・筆記用具
簡単なメモを取れる程度の、メモ帳とペンを用意すると役に立つことが多いでしょう。

 

医師や看護師から聞いた指示や、お見舞いに訪れる方の予定など、書きとめておきたいことは意外に入院中は多いものです。

 

スポンサーリンク

 

・衛生用品

洗面器や洗顔料、歯磨き用の道具などは絶対に必要です。爪切りや耳かき、鏡、まつげなどを切りそろえるハサミ、髭剃りなども用意しましょう。

 

入院中とはいえ、身なりを整えることは大切で、気分もすっきりすることでしょう。

 

・食器類
ジュースやお茶を飲むために、マグカップは必ず用意しておきましょう。

 

割れやすいガラスや陶器を避け、プラスチック製のものを選ぶようにするといいでしょう。

 

食事のために箸やスプーンも、病院によっては必要になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

 

退屈さを紛らわせるためのアイテム

入院中はやることがなく、暇を持て余してしまうものです。

 

退屈しのぎのために、音楽プレイヤーやゲーム機、ノートパソコンがあるといいでしょう。

 

本も良いですが、量が多いとかさ張ってしまい、整理整頓が大変になります。

 

電気製品については、病院によっては持ち込めないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

 

持ち込める場合は、コンセントの数が限られているため、テーブルタップなどの延長コードがあると便利です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加